scrap-it-to


卒園式の母親のスーツ選びで抑えておくべきマナーと5つの着回し方

2014.01.15 18:30

株式会社プリカ御中【12月16日分】 721

もうすぐ卒業式シーズン。お子様の卒園、卒業を控え、そろそろ準備をと考えているママも多いのではないでしょうか?

お子様の大切な「ハレの日」だからこそ、シーンに合った「キチンと服」を選びたい!でも反面、何度も着る服ではないし、できれば着回せる服を選びたいと思ったりしていませんか?

そんなママ達に「卒園式の服選びに失敗しないための3つのポイントと着回し術」をご紹介します。

卒園式の服、押さえておきたい3つのこと

最低限のマナー 

卒業式は別名「卒業証書授与式」と呼ばれる式典で、入学式よりも格式の高い式と言われています。本人はもちろん、参加する人たちの服装もやはりダーク系の略礼装(スーツ、もしくはジャケットにワンピース)は最低限のマナーといえます。したがって卒園式の場合も、卒業証書の授与といった堅苦しさはないものの、「お別れ」と「感謝」を表現する服装やカラーを心がけるべきでしょう。

人気のカラーBEST3

最近3年間の人気カラーは、

  1. ネイビー
  2. グレー
  3. ブラック

となっています。

ネイビーは「お受験スーツ」など、学校行事等で断然人気を誇ります。また、その他のセレモニーシーンへの着回しとしても最適なカラーといえます。次に多いのがグレー系。地味になりすぎず、適度な華やかさを持つ白黒のミックスカラーが人気です。3番目がブラック。ブラックフォーマル(喪服)との着回しが期待できますが、ストッキングをベージュ系にしたり、コサージュやアクセサリーを利用して喪服には見せない工夫が必要です。

普段着ないからこその着回し力

 最低限のマナーさえ押さえれば、やはり大切なのは「着回し力」。

卒園式や卒業式のためだけの服ではなく、次に想定されるシーンを先回りして選びたいものです。もし次のシーンが浮かばなくても、そのカテゴリーで着れることをわかっているだけで、急な用途に対応できる選択肢が増えます。デイリーな服ではないからこそ、その着用シーンを想定して選ぶべきといえます。それでは、実際に着回しに最適なスーツをシーン別に5つご紹介しましょう。

シーン別に見る着回し術

学校行事関係やイベント服(入学式、七五三等)として着回せるスーツ

ツイードジャケットはキレイ目カジュアルな着回しに最適

株式会社プリカ御中【12月16日分】 053-001

学校行事はもちろん、七五三などセレモニー服としても人気の高いツィードジャケットのワンピーススーツ。ツィード素材なら、キレイめカジュアルとして着回しできるのでおすすめ。
コーディネート:ツィード素材のワンピーススーツ

ネイビーのジャケットやスカートは一着ずつあると便利

DCIM101GOPRO

個人面談や保護者会など、ネイビーのジャケットやスカートは1着あると意外と便利。ジャケットやスカートにポイントとなるディティールがあれば、着回しコーデがよりオシャレに決まる。
コーディネート:リボンバックルのスカートスーツ

結婚式のお呼ばれ服として着回せるスーツ

しっかり素材のジャケットに軽い素材のドレスを

株式会社プリカ御中【12月16日分】 639

シャンタン素材のしっかりジャケットと、軽いサテンオパール素材のドレスが清楚なアンサンブルスーツ。羽織りをボレロやショールに変えれば、お呼ばれワンピスタイルに。
コーディネート:シャンタンジャケットとオパール素材のワンピーススーツ

ネイビーのタックフレアワンピースとジャケットのアンサンブル

株式会社プリカ御中【12月16日分】 721

コンパクトなジャケットとタックフレアのワンピースが大人可愛いアンサンブルスーツ。ワンピースのウエスト部分には同色のレースが施され、ワンピ単体でも華のあるお呼ばれスタイルに。
コーディネート:コンパクトジャケットとフレアラインのワンピーススーツ

ブラックフォーマル(喪服)として着回せるスーツ

適度なデザインのブラックフォーマルも一着あると便利

DCIM101GOPRO

シンプルな中にも、ウエストのラインやフレアなスカートなど、デザインにこだわったブラックフォーマルスーツ。インナーに華やかなブラウス、小物のアレンジ等で、卒業・卒園式のスーツにアレンジ可能。
コーディネート:ブラックフォーマルスカートスーツ

マナーと傾向を押さえ、着回し力のあるスーツを

ある程度きちんと感が大切な卒園式のスーツ。カラーも保守的な色を選ばれる方が多いようです。でも、卒園式ためだけのスーツなんて勿体ないですよね。その後、カジュアルシーンへの着回しや、学校行事や他のセレモニーシーンへの着回しを想定して選べば、あなたにとって「ここぞの1着」となってくれることでしょう。そんな着回しシーンに思いを巡らせながら、あなたにぴったりのスーツ選びを是非楽しんでみてください。

 


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する