scrap-it-to


【朗報】斎藤佑樹、進化「自分でも驚いています」

2014.01.18 04:30

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1390024382/

1: 風吹けば名無し 2014/01/18 14:53:02 ID:GvP+1g/r
hokai-nt-20140118-1-ns-big

ハム佑復肩アピール遠投100メートル越え

 “復肩”をアピールする大遠投だ。右肩関節唇損傷を克服し、先発ローテ入りを目指す日本ハム斎藤佑樹投手(25)が17日、2軍施設の千葉・鎌ケ谷で自主トレを行い、故障後最長となる100メートルを越える遠投をこなした。投球フォームの改造に着手した成果もあって、ボールの伸びは、けが以前よりも手応えを感じるほどに進化。本人も驚くほど、成長した姿があった。

 きれいなフォームで放物線を描き、グングン伸びた。高い! 落ちない! 100メートルの“K点”を軽々と越えて“ランディング”。沙羅ちゃん? いやいや、佑ちゃんの話。斎藤が右肩故障後初めてとなる、100メートルの遠投をこなした。「肩を壊してからは初めてでしたけど、いい感じで投げられました」。少しはにかみながら“照れ”マークもきっちりと決めた。

 復活ではなく、進化だった。ゆったりとした投球フォームから放たれたボールは、キャッチボール相手のトレーナーのグラブをバシッと鳴らした。「リリースの瞬間だけを意識して、ピュッと力を入れただけなのに、いい球がいった。自分でも驚いています。(肩を)壊す前よりもいい」。中垣トレーニングコーチらと、右肩に負担がかからない新投球フォームを模索してきたが、その成果がはっきりと表れていた。

 キャンプ序盤の2月8日には、ローテ争いをする2年目大谷と、紅白戦の先発で投げ合うことが決まっている。「(キャンプでは)とにかくバッターに投げたい」。寒い1月に遠投をこなせることが、つらいリハビリ生活から脱した何よりの証拠。あとは、打者との対戦で勝負勘を取り戻すことが最優先となる。

 シーズンが楽しみになる、この日の大ジャンプ…ならぬ大遠投。昨季未勝利に終わった2年前の開幕投手が先発ローテに名を連ねれば、ペナントレースの金メダルもグッと近くなる。【本間翼】

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140118-1245608.html

38: 風吹けば名無し 2014/01/18 14:58:13 ID:/mkraZnU
そう・・・

62: 風吹けば名無し 2014/01/18 15:00:23 ID:sACqsfYG
これは来たんちゃうか

5: 風吹けば名無し 2014/01/18 14:54:28 ID:U+3eEWy5
25勝まったなし

続きを読む


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する